給付金の手続き

医師18

B型肝炎は給付金を請求できるという法律が制定されました。

これは過去に国の不注意によってB型肝炎に集団感染したと認められた方が給付金を受け取ることができるというものです。日本では集団予防接種が行われていました。

その際に注射器の使い回しが行われていたのです。B型肝炎というのは血液感染する病気です。そのため、注射器の使い回しが原因となって、多くの方がB型肝炎に感染してしまったのです。

これは防ぐことができた医療事故であり、その責任を国は問われたのです。その結果として、国は給付金を支給することに決めました。ただし、給付金の請求というのは簡単な手続きでできるわけではありません。

訴訟をしなければいけないのです。

そうすることによって、裁判所に給付金の支給条件を満たしているかどうか判断してもらい、認められれば国と形式的に和解を成立させて給付金を受け取ることができるという流れとなっています。

多くの方は訴訟とは無縁の生活を送ってきたでしょう。そのため、訴訟をしなければいけないと聞くと困惑してしまう方がいるかもしれません。

その際には弁護士に相談をすることをおすすめします。B型肝炎の給付金訴訟については弁護士がとても頼りになるのです。『参考元 ... アディーレ ... B型肝炎弁護士

こちらでは弁護士に頼むメリットや選び方について紹介しましょう。B型肝炎の給付金については弁護士がしっかりと対応してくれるのです。弁護士に依頼をして確実に給付金を受け取りましょう。弁護士を利用することをおすすめします。

そのために役立つ情報を提供しましょう。

弁護士の選び方